家族も驚愕!友達の出産時に見せた旦那のおかしな行動5選

・陣痛が始まるとゲームをする旦那さん

友達が2人目を出産する時、出産前からソワソワと落ち着かない旦那さん。陣痛が始まると座っていることができずに、横たわる友達の前を行ったり来たりと世話しなく動き回るんです。 「動かないで!」と注意する友達の声に驚いて座ったと思ったら、スマホでゲームをやっているじゃないですか!ピコピコと軽快な音楽は陣痛で痛がる友達の耳にも入り、落ち着かない様子。 「もう!なにやってんの!」私がスマホを取り上げて、しっかり旦那さんを叱ってやりました。

・病院に連れて行く時にアイスクリーム

陣痛の始まった友達を病院に連れて行くという時、友達の旦那さんがいません。どこに行ったのかみんなで探していると「コンビニに行って、アイスクリームを買ってきた」と笑顔を見せます。「早くしないと溶けちゃう」と言って、食べ始めました。 そんな息子の行動にご両親も目を丸くして、驚いています。その場の空気が読めない人なんですね。

・車の方が大事?!

車好きの旦那さんは、三度の飯よりも車が大事。いつも室内はきれいに掃除をし、土足厳禁を貫きます。わざわざ車内用の靴に履き換えるんですよ。滅多に人を乗せたがらないですし。 そんな旦那さんと結婚した友達が「病院に連れて行って」と陣痛がきた時にお願いしたら、「車が汚れると嫌だから、救急車で行け」と言ったのです。緊急事態だというのに。 結局、私が車で病院に連れて行きました。

・車の方が大事?! part.2

別々の車で病院に行く旦那さんとは現地で集合。車からお腹を抱えて痛がる友達を降ろすために「ね、手伝って」とお願いしたら、「俺?車を駐車するところを探しに行かないといけないからムリ」と言い残し、サッサと駐車場に行ってしまいました。 結局はご両親に頼み、手を貸してもらいました。友達が分娩室に運ばれてから1時間も経った頃にのこのこやって来て、「はあ、疲れたわ」と椅子に腰をかけるんです。 役に立たない旦那さんだと思い、がっかりしました。

・分娩室の前では寝てしまう

分娩室で友達の出産が始まり、ご両親は祈るようにして産まれるのを待っていました。私も友達が気になり、座っていられません。ずっと立ったまま、やはり祈るようにしてその時を待っていました。 ふと旦那さんを見てみれば…ソファに横たわって寝ているではないですか。それも、かなり健やかな表情で。楽しい夢でも見ているのか、時折ニヤッと笑うところに気持ち悪さを感じてしまいました。 複雑な心境ですが、こんな旦那さんとの今後がどうなるか楽しみですね。

良くある出産エピソードについて

出産は出産の分だけエピソードがありますよね。笑えるエピソードから中には笑えないエピソードまでたくさんあると思います。そんな中で今回は良くある出産のハプニングエピソードを紹介したいと思います。

●病院がパニック

同じ日にたくさんの妊婦さんが産気づいて病院自体がてんてこ舞いになるということがたまにあります。出産だけはコントロールできないので、出産が重なる日と重ならない日がありますよね。もし、同時に重なってしまうと分娩代がいっぱいになり、次から次へと生まれてくる妊婦さんでいっぱいになってしまうということもあります。

●痛みのあまり帰ると言い出す妊婦

出産はとても痛いですよね。出産をしたことがある人はきっと分かると思います。妊婦さんがあまりの痛みに分娩台を降りて「もう帰る」と言い出す人も意外とたくさんいます。あまりの痛みにすべて投げ出したくなる妊婦さんもいるので、出産がいかに大変かがわかるエピソードですね。帰るとまでは言いませんが、出産を後悔する人はたくさんいるでしょう。痛みを乗り越えなければ赤ちゃんは生まれてこないので、出産をするときだけは母は頑張りときなのです。

●旦那さんが倒れる

頑張っているのは奥さんなのに、旦那さんがあまりの衝撃で倒れてしまう場合があります。出産は血が出るものなので、その血を見て倒れる旦那さんが続出。意外と旦那さんの方が衝撃に弱かったり、血に弱かったり、精神的に弱いときもあるのですね。中には来てもらっても役に立たないので来なくて良いという奥さんまでいますよ。

●まとめ

このように、出産の良くあるエピソードについて紹介しました。出産はお産の分だけエピソードがあるといわれているので、話を聞けば聞くほど面白いエピソードが盛りだくさんです。今だから笑えるエピソードがたくさんなので、出産した人にどんなことが起こったのか聞いてみると良いですね。中には本当に大変な思いをして出産した人もいるので、本当に女性の強さを知るかもしれないですね。

念のため行動が大切だった!

あれは妻が二人目の子供を妊娠していたときのことでした。前の子供を授かったときから既に6年経っていましたが、二人目ということもあり、僕も妻もけっこう経験者的な余裕を持って楽観視していたと思います。

ある土曜日の朝でした。 “念のため行動が大切だった!” の続きを読む

友達が階段で破水してしまった!その時私が赤ちゃんを取り上げる!

コンビニや自動販売機もなく、スーパーには車で片道1時間以上かかるド田舎に住む友達。妊娠10ヶ月目の時、いつ破水するかわからない状態のため、家で安静にしているよう医師から注意されていました。 “友達が階段で破水してしまった!その時私が赤ちゃんを取り上げる!” の続きを読む

陣痛に気づかず自分で来院して・・・。

私は2人目の子どもを妊娠中に8か月で切迫早産になり約1か月半入院していました。35週目で長期にわたって行っていた点滴を外して数日間病院で様子を見たものの、出産の兆候が見られなかったことから一旦退院して自宅に戻りました。 “陣痛に気づかず自分で来院して・・・。” の続きを読む